FC2ブログ

昔の姿に戻ってみました。懐かしい人も新しい人もこんにちわ。(2012/02/18)
twitter Account : @yookie_ramone

yookie_ramoneをフォローしましょう
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
The Muffs Japan Tour 2011 ライブレポート
2011 / 11 / 21 ( Mon )
muffs.jpg

The Muffs Japan Tour
2011.11.5. The Muffs / Water Closet / the Weekpoints / What-A-Night's / You Got A Radio! / Elmoc @ 下北沢シェルター
2011.11.6. The Muffs / 磯部正文BAND @ 新宿LOFT

マフスとの出会いはかれこれ10年以上前。
多分、今ほどパンクにとらわれずに、色んな音楽を聴いてた頃。
グリーンデイと同じ、Reprise Recordsから音源出してたり、ロブ・キャバロがプロデュースしてるのも気になったが、一番の関心は楽曲の完成度の高さと、度肝

を抜くキムのシャウトだった。。。
長年マフスは聴いてきたが、見る機会もなく、彼らの活動も細る中、もう機会はないと諦めていた。
そんな矢先、なんと来日公演!行くしかない、ということで、追加公演まで含めて土・日での2daysに強行参戦!!

下北沢シェルターは、持ち前の狭い会場で、元々WCの15周年ライブにマフスを突っ込んだため、客層もマフスマフスしておらず、シーンのライブにマフスが来る

というような、大変心地良いものだった。
Elmocの最後1曲からの参加、近年彗星のように現れたエルモック見逃したのは痛かったw
但し、Weekpointsは予想外のカッコよさ。WCも10年振りに見たが、相変わらずのカッコよさだった。
昔の曲をもっとやってくれると良かったんだが、、、
マフスに対抗して、アスカさんボーカルの曲を多く演奏。「アスカ祭りやー」との暖かいヤジ。。。

ロフト公演は一転、マフスの来日公演!って感じ。
磯部氏は完全に、所謂前座扱い(シェルターのWC以下のバンドは、所謂対バンって言葉のほうが適切だと思う)
女の子が多かった気がする。
2日続けてきてる人も結構いた気がする。

マフスは、2日ともお馴染みの3人で登場。
印象:デカイ、老けた、懐かしいw
いや、2日とも行って良かった。半分くらいは被っていないセットリスト。
シェルターでは、比較的定番曲で固め、ロフトでは新曲も交えて。
特に、シェルターでしかやっていない曲(Crush Meなど)や、ロフトでしかやっていない曲(End It Allなど)が聴けて良かった!

MCは何言ってるのかよく分からなかったけど(私の英語力の拙さ故)
1stからのLucky Guyや、2ndからは沢山の名曲達(Agony, Oh Nina, Sad Tomorrow, Red Eyed Troll, End It All, Just A Game)、3rdからも何曲か(Crush me,

That Awful Man, I'm A Dick)など、初期の曲もかなり多く、正直初期マフスを好んで聴いていた私には嬉しいセットリストだった。
キムのシャウトも健在で、会場は大興奮。
Red Eyed Trollで途中で完全静止し、MCの後に再開するの×2や、キムのダンスなどは連日同じような感じだったけど、関係ない。
前回来日時に見せた、マイクでフェラチオのパフォーマンスは見たかったが関係ない。I Need A Face聴きたかったが関係ない(やってないよな、多分)。
何より、凄い楽しそうに歌うキムに、酔いしれる。そんな夜だった。

アンコールは、2日ともにJust A Gameのキム弾き語りからの展開。
もう少し欲しい!って所で終わり。あ、結構な曲数やってくれてるんだけどね。
来年アルバム出したら、また来る!ってキムのMCを信じて待とう。

ファン層が若干年齢高めだったけど、みんな最高に楽しめた夜だったんじゃないか。
みなさん、お疲れ様です。
年をとっても、あんなに楽しそうにライブしてるマフスを見習って、頑張りたい。そんな最高のライブだった。
スポンサーサイト
ライブレポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。