FC2ブログ

昔の姿に戻ってみました。懐かしい人も新しい人もこんにちわ。(2012/02/18)
twitter Account : @yookie_ramone

yookie_ramoneをフォローしましょう
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
Hawaii Mud Bombers ライブレポその2
2005 / 10 / 03 ( Mon )
hawaiimudbombers

2005.10.01. Hawaii Mud Bombers / Onepercenters / Start of the Today / Strawberry Mud Pie! / Blockhead / Back Stage Mania @ Oomiya Hearts

なんて暇なんだろう。半期決算期末で死にそうな一週間をすごした後の土曜日、はるばる大宮までマッドボンバーズ(2回目)を見に行ってきた。
1バンド目地元BackStageMania。少し前に流行った淋菌パークとかリンプビズキットとかみたいな感じ。10代。あっそうって感じ。
2バンド目越谷からBlockhead。MCがウザイほどに空回りな正統派Melodic。しゃべらなきゃ、カッコイイ。Navelみたいな感じ、だったハズ。

3番目に(個人的に)今日の影の主役、ストロベリーマッドパイ。
それにしても、意外とファン多いのね。ハタチくらいの女の子のファンが結構いてビックリ。CDのイメージより、遥かにシャバい感じだが、栃木の歌姫ミカ嬢が歌い踊るマッドパイは最高。

4バンド目は地元?Start of the todayっていうエモなのかインディロックなのか分からないけど、ハイトーン女性ボーカルのスクリーミングと繊細で悲しい演奏が印象的なバンド。このバンドの時、妙に人が増えた気がしたのは気のせいか。興味わかない。

5バンド目は埼玉が地元のはずの1パーセンターズ。とても地元とは思えない雰囲気に苦笑い。マッドボンバーズが最前列で盛り上がってました。でも、確かに凄くカッコイイバンド。違う対バンで見てみたい。

そして待っていました、今日が来日ツアー最終日となったスウェーデンのハワイマッドボンバーズ。
次々と飛び出す最強のポップチューンに場内大盛り上がり。早い段階で飛び出したSandeliteで最高に盛り上がり、勢いそのままに駆け抜けた感じ。「サイコー」を繰り返し、「What the name of the band?」「(客)はわいまっどぼんばーず!」の掛け合いを繰り返す。
MCは通じず、苦笑いしながらも、異常に盛り上がる場内に「Japanese peaople is a fuckin rock!」「we will return soon」とご機嫌で演奏してました。
途中ツアー全日程に帯同した1パーセンターズへの感謝のMC、あとほかの会場含む対バンへの感謝のMC。トラブルメーカーズ(金沢)の名前も出てました。
ほぼ名古屋のときと似たようなセットリストだったけど、最高に盛り上がったぶんだけ大宮は楽しかった。相変わらずHMBのローディ風のオジサン(小太り)が休憩してると背中押してくるは、叫んでるわで弾けまくってた。2回のアンコールの締めは、やっぱり「スズキ侍」。
決して超満員ではなかったし、後ろの方はガラガラだったけど、HMB目当てで来た一般客多分両手くらいで後は対バンバンドとそのファンと関係者ばっかりだったけど、最高に楽しいライブだった。

それにしても、少なくとも事前にHMBの名前くらい知ってた、同系統のバンドを対バンに立てたらもっと良かったろうに、と強く思う。バンドの毛色が違うと客の毛色も違うし、日本のラモーンキッズを見せ付けてやりたいじゃん。
まあ、そんなこと言ってると、じゃあオマエやれよ、って言われちゃうし、HMBを見れただけで満足なんだけど。
次は同じような感想を持つんだろうけど、同じくWizzardInVinyl企画のスペインのSuzy and Los Quattroの来日初日下北に突撃予定!
スポンサーサイト
ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
→http://southpunk.blog13.fc2.com/tb.php/11-3db0979e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。